2021公立高校入試の加賀地区の動向

さて、総合模試の志望校や平均点から見る

今年の加賀地区の高校入試の動向ですが、

まずは小松高校。

平均偏差値56.2と例年よりやや低い。

第一志望の人数が、300人と去年と比べて27%増。

小松明峰高校

平均偏差値が48.1と去年に比べてやや高め。

第一志望の人数は165人と昨年比16%増。

大聖寺高校

平均偏差値が41.8と昨年、一昨年と比べて低くなり続けている。

第一志望の人数は、52人と8%増。

小松市立高校

平均偏差値が39.7と例年並み。

第一志望の人数は、69人で昨年比13%増。

といったところなのだが、

どこもすべて第一志望の人数が昨年と比べて増えている。

これは、加賀地区の受験者の人数が増えているからだ。

加賀地区の受験者の人数が、昨年比21%増えている。

(昨年はコロナで受験者も少なかった)

そのため、それも踏まえて、人数の増減を考えると、

小松高校は微増。明峰はほぼ横ばい。

大聖寺は減少の可能性が高い。

市立も横ばいから減少か。

といった感じ。

あとは、小松商業を第一志望で上げている生徒が、

去年はこの時期に28人しかいなかったのが、

今年は、52人もいる。

昨年のような、定員を大幅に下回るということは

ないのかもしれないといった感じ。

あくまでも、11月現在での様子だけれども。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。