私立高校の出願情報。小松大谷高校2024年度出願状況

さて、私立高校の一般入試が近づき、

出願が終わったので、出願状況が出てきました。

やはり、特に気になるのが小松大谷高校でしょう。

小松大谷高校の普通科の出願が、783人。

昨年度の出願が、普通科だけだと1172名だったので、

400人ほど、出願が減りました。

やはり去年の小松大谷高校のやり方には

みんな不信感を抱いているみたいですね。

たしかに、今までだったら大谷高校を受験していただろううちの生徒も、

学校からも他の高校を進められて、そちらを受験しますしね。

2023年度の一般入試が、320名ほど受けて、

80名ほどしか受からなくて、240人ほどが落ちたわけです。

これが大谷ショックと言われる事件ですね。

今年は、この783名中、709名が推薦ですでに合格しています。

一般入試での出願は、84名しかいないわけですね。

なので、多少専願が多かったとしても、

この数字であれば、たくさん不合格が出るということはなさそうです。

というか、物理的におこりえないですね苦笑

予期せぬ不合格で進路が困る生徒がいなさそうでよかったです。

今後小松大谷高校は、もうこういう流れになるでしょうね。

推薦で出願するのが普通で、

一般で出願する生徒はごくわずかという流れになりそうです。

また、今後の動きにも注目ですね。

(Visited 704 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。