第5回総合模試2021

さて、第5回の総合模試が返却されました。

平均点が

国語 59.1

理科 49.0

英語 52.7

社会 51.0

数学 46.2

合計 257.6

でした。

理科数学が難し目で

総合するとやや難し目のテストだったと思います。

志学塾としては

現状維持の子が多かった感じですね。

これはあまりよくない傾向です。

模試は難易度がだんだんと上がっていく形のテストです。

つまり、ある程度勉強していて現状維持。

勉強していないと、下がっていくといった感じなのです。

そのため、現状維持ということは、

ある程度は勉強しているということです。

しかし、逆を言えば、「ある程度」しかしていないとも取れます。

模試の難易度が上がっている以上の頑張りを出さなければ、

このまま現状維持のままで受験を迎えてしまいます。

そのままで大丈夫な生徒はそれでいいですが、

逆転を狙っている生徒諸君は、

それではだめだということに気が付いてください。

もう「毎日コツコツ少しずつ」という時期ではありません。

毎日ガムシャラに勉強するから、

逆転や奇跡が起こせるんですよ。

一緒に頑張りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。