小松大谷高校一般入試の合格率の低さ

今年の小松大谷高校の一般入試が

非常に受かりにくかったといわれているので、

実態を調査してみました。

1219人中 979人合格 240人不合格と発表されています。

240人も不合格が出るなんて、驚きです!

しかも、これは推薦入試も含みます。

大谷は、併願推薦(公立高校が受けられる)が可能なので、

大部分が推薦で受験しています。

しかも推薦入試は全員受かっています。

では一般入試だけではどうなのか。

大谷高校に聞いたところ、

314人受験して、79人合格とのこと。

(若干数字が合わない感じがしますが・・・)

なんと、合格率わずか25%!

基本的に合格率が90%を超えるのが当たり前の私立高校において、

驚くべき合格率の低さです。

理由を尋ねたところ、

①推薦入試の受験者が多く、なおかつ専願が多かった。

②教室の数が限界でこれ以上の生徒の受け入れができない。

とのことでした。

だったら、事前にこうなることは予想できたと思うのですが、

それを中学校の先生なりに伝えていたのかと聞いたところ、

それは学校間のやり取りなので教えられないとのこと。

ただ、私の感触では、「伝えてない」と思います。

伝えていたら、さすがに中学校の先生も受験を止めたと思います。

来年以降の入試は大谷高校は要注意です。

基本的には推薦入試で受験し、

学校から推薦が出ない場合には、

受験しない方が良いと思われます。

遊学館、龍谷、金沢学院あたりに

変更したほうがいいと思います。

今のところ、合格ラインも公表するつもりはないみたいですし、

点数開示も行われないので、

合格ラインも不明です。

おそらく偏差値50くらいないと

一般入試では受からないです。

ちなみに、進学コースも教養コースも

同じ判定で合否が決まるので、

教養コースだから合格しやすいとかもないです。

本当に小松大谷は不可思議で、

不親切な高校になったものです。

(Visited 1,998 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。