テスト勉強

 

さて、山代中がテスト前なので、テスト勉強が佳境に入っている。

 

テストが近づいてくるたびに僕が生徒たちに言っていることは、

 

「提出物を仕上げることがテスト勉強ではない」ということ。

 

学校のワークが提出物になっているが、

これを1回だけやるだけでテストができるようになるわけじゃない。

わからないところをもう一度やったり、

学校のワークだけではなくて、プリントや

塾のワークなどで別角度の問題もやったりしたほうがいい。

 

なのに、学校のワークが進んでいないと、

その学校のワークですら、

「身に着けて問題を解けるようにする」という

一番大事なことが置き去りになり、

「ワークのページを進めて終わらせること」が

一番の目的になってしまう。

 

これになるともうテストは受けるまでもなく失敗だ。

 

前の勉強法のところでも書いたが、

つまるところ、勉強とは「できない問題をできるようにすること」

これ一点だけなので、

ワークを消化することは勉強とは言わない。

 

これを肝に銘じて、残り僅かのテスト期間、

真剣に勉強に取り組んでほしい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。