小学生の思考力

さて、ブログが消えてから、小学生の授業のことを

あまり書いてなかった気がするので、

また書いておこうかと思います。

志学塾の小学生、一押しのコースは「わくわく思考力コース」です。

これは子供たちの思考力を育むコースです。

どうやって思考力を育てていくかというと、

こんな感じで、ベースは算数の文章題が一番近いと思うのですが、

ただ、普通の算数の文章題だと、数字が2個とかしか出てこないので、

その2個の数字を足したり引いたりかけたり割ったりどれかすれば、

答が出るみたいな感じで、適当に数字だけ見て式を立てるという感じで、

算数の文章題を解いている子もいます。

そうならないように、数字は2個3個ではなく、複数個出てきたり、

また、数字ではないヒントも入っていたりして、

問題をしっかり理解しないと問題が解けません。

ただ、問題をしっかり理解するのに、

「問題をちゃんと読みなさい」は意味がありません。

その子なりにちゃんと読んでいるつもりだからです。

なので、志学塾の思考力コースでは、

問題の内容を絵や図にして書きます。

このように問題の内容を絵や図にすることによって、

問題がちゃんと理解できているかどうか、

また条件が抜けていないかどうか、

こちらでもチェックできますし、

子供たち自身もわかるようになります。

あとはこの絵や図をみて、

答を考えていくのです。

その際、「式」というものには一切こだわりません。

「式」というのは、求めたいものがあって、

それを求めるための方法として作るものであって、

式を作ることが目的になってしまってはおかしいのです。

なので「式」がなくても

数えれば答えが出るならそれで十分のなのです。

また、求めたいものを求めるのに、

計算をした方がいいならすればいいのです。

こうやって、子供たちの思考力を育てていっています。

しかも!

絵や図を描くのは楽しいので、

難しそうに見える問題でも、

絵や図を描くのはできますから、

楽しんで問題を解くことができますよ。

よかったら、賢い子を目指してみませんか。

(Visited 81 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。