ケアレスミスこそが悪である。

ケアレスミスは、「うっかりミス」として

軽視されがちですが、

受験においては非常に重要な影響を及ぼします。

実際、これらのミスは解けるはずの問題が

解けない状態を生み出し、

受験生を不合格に近づける要因となります。

解けない問題が解けないのは仕方がないことですが、

解けるはずの問題を解けないでいると

それが受験の成否を左右することもあります。

多くの受験生が、ケアレスミスを

「今回はたまたま」の出来事と考えがちですが、

実際には、これらの小さなミスが

合格と不合格を分けることも少なくありません。

スポーツの世界で小さなミスを重ねるチームが

敗れるのと同様、

受験においてもケアレスミスを減らすことは、

勝利への大切な一歩です。

ケアレスミスを減らすためには、

まず自分のミスに気付くことが重要です。

過去のテストや宿題を見直し、

どこでミスを犯したか、

どうしてそのミスを犯したかを考えましょう。

次回のテストで同じミスを繰り返さないためです。

小さなミスを見逃さず、

一つ一つ丁寧に取り組むことが、

受験成功への鍵となります。

ケアレスミスこそ悪であるという意識をもって

問題に取り組みましょう!

(Visited 88 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。