第5回総合模試で見る加賀小松地区の動向

さて、第5回の総合模試が返却され、

いよいよ受験まで100日を切りました。

現在のところ、総合模試の志望者から考えられる

加賀・小松地区の受験者の動向はこんな感じです。

小松高校

第1志望の生徒が例年よりも多いです。

このままいくと倍率は高めが予想されます。

しかし、平均偏差値は例年より低いので、

ギリギリのところに団子状態で固まっている感じです。

これから諦める子と合格ラインを越えてくる子に

分かれていくことでしょう。

小松明峰高校

第一志望の生徒の数は去年よりはやや少なめですが、

加賀小松地区の受験者がやや減っていることを考えると、

例年並みの倍率になりそうな感じです。

平均偏差値も例年とさほど変わりはありません。

ただ、上で書いたように小松高校が団子状態にあり、

小松をあきらめた生徒が流れてくると、

倍率が上がる可能性があります。

大聖寺高校

志望人数、平均偏差値とほぼ例年並み。

今年も低倍率が予想されます。

後の高校は第一志望の人数がそれほど多くなくて、

まだこれだけでは何とも言えない感じですね。

特筆すべきは、小松商業の第一志望の人数が凄く少ないこと。

ただ、実業系の学校は模試を受けていない志望者も多いので、

模試の第一志望の人数が少ないから、

低倍率になるかと言われたらそうでもないところもあります。

あと100日は切りましたが、

ぎゃくにいうと「まだ97日あります」

諦めないと決めた子は、

後悔のないように、一日一日、頑張りましょう!

(Visited 194 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。