第7回総合模試から見る加賀地区公立高校入試の動向&合格ライン

さて、第7回総合模試もおわり、

現在のところ、加賀地区の公立高校の入試動向は

以下のように予想されます。

小松高校

志望人数の割合がかなり高くなっており高倍率が予想されます。

平均偏差値もやや上がっており、今年は激戦が予想されます。

ぎりぎりで受験しようとしている子は要注意です。

小松明峰高校

第一志望の人数の割合が少なくなっており、

今年は低倍率が予想されます。

上記のように小松が高倍率が予想されるので、

そこからどれくらい流れてくるかにもよりますが・・・。

大聖寺高校

志望人数はやや増。平均偏差値もやや増です。

ただおそらく今年も1倍前後だと思います。

1倍を少し超えるくらいかなと。

小松市立、小松商業、小松工業は

模試での第一志望者数は減っているのですが、

これは単純に模試を受けていないだけなのか、

志望者が減っているのか判断できませんね。

でもそれほど高倍率になることはないと思います。

各高校の合格ラインは

小松高校 80%偏差値61(365点) 40%偏差値53(300点)

小松明峰高校 80%偏差値51(285点) 40%偏差値43(220点)

大聖寺高校 80%偏差値46(245点) 40%偏差値38(180点)

小松市立高校 80%偏差値45(235点) 40%偏差値38(180点)

小松商業高校 80%偏差値41(205点) 40%偏差値37(170点)

小松工業高校 80%偏差値39(185点) 40%偏差値35(155点)

まぁ、この時期に40%ラインは書いてもしょうがないですかね。

泣いても笑ってもあと受験まで44日。

後悔のない受験をしようぜ。

(Visited 340 times, 6 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。