勉強法とは

さて、よく中学生や保護者の人から言われるのは、

「勉強のコツって何ですか?」とか

「うちの子、勉強の方法が良く分かってないみたいで・・・」とか。

勉強の方法で最強な方法はただ一つだ。

それは

「できない問題をできるようにする」ということ。

なんだ、当たり前のことじゃないかって思った人もいるだろうけど、

これが当たり前になっているのであれば、

確実に成績は上がる。だってこれが唯一の勉強法だから。

でも、実際に子供たちが勉強している様子を見ていると、

ただワークのページを進めることしか考えておらず、

できない問題や間違えた問題を赤ペンで直すだけで終わりとか、

問題を解くときにしっかりと考えていないので、

自分がどこがわからないのかよくわかってなくて、

結局答えを丸暗記するだけとか、

逆に問題を解く段階で分からない問題に時間をかけすぎて、

答え合わせをした後に、間違えた問題について、

理解したり、覚えたりする時間が取れていなかったり。

結局のところ、できなかった問題ができるようになっていないか、

できる問題を繰り返しているだけになっているかのどっちかになってしまっている。

繰り返すが、勉強ができるようになるとは、

「できない問題をできるようにすること」

これ一つだけだ。

だからこそ、勉強をしているときにできない問題・わからない問題にぶち当たったとき、

真剣にどうやったらできるようになるのかを考えなければいけない。

覚えるにしても何を覚えれば解けるようになるのか。

理解するのであれば、どうやったら理解できるのか。

理解しようにもわからないのであれば質問するとか。

どうやったらできるようになるのかを真剣に考えること。

これをしっかりとすれば、必ずできるようになる。

さぁ、頑張って勉強しよう!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。