採点間違い

さて、志学塾では毎回の授業に時に

小テストを実施している。

小テストには合格不合格があるわけだけど

何回も不合格になっている子には僕の指導が入る。

で、小テストをある程度勉強はしているのに

不合格になっている子の一つの傾向として

「採点が雑である」ということが挙げられる。

実際この前も不合格の子が自分で採点した答案を見ると

プレゼンテーションが「preseintotion」になっていたり

(正しくは「presentation」)

主な、メインなという単語が「mian」になっていたり

(正しくは「main」)

どちらも似た感じなんだけどちょっと違う。

これを不注意で正解にしてしまうところが悲劇の始まり。

家で練習している時にこれを正解にしてしまうと

この間違えた状態のまま練習してしまい

その間違えた状態のものを正しいと思い込んでしまう。

で、実際塾でテストすると自分の採点ではないので

当然バツになって不合格となる。

まだこれだけならいいのだけど

さらに悲劇的なのは

次にこの単語を書こうとした時

最初に間違えて覚えたものがどうしても頭をよぎり

どちらが正しいのか迷ってしまう。

そうするとまた間違える可能性が出てくる。

だから最初に間違えた状態で覚えてしまうのは危険なのである。

そしてそのすべての発端が

「採点を雑にする」ということだ。

もちろんこれは採点に限ったことではなく

勉強において「雑にする」というのは

百害あって一利なしなのである。

気をつけて頑張ろう。

(Visited 147 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。