第2回総合模試2021

第2回の総合模試が終わりました。

平均点は

  国語 理科 英語 社会 数学 合計
第2回 55.0 53.2 59.2 50.9 50.8 269.0

でした。

前回の平均点が、合計270.3点だったので、ほとんど変化なしですね。

そのまま点数を見て、成績が上がったか下がったか判断可能です。

加賀地区高校の合格ライン

加賀地区の各高校の合格ラインは、

80%ー60%の順に、

小松高校理数科 偏差値64(375点)ー62(355点)

小松高校普通科 偏差値60(345点)ー56(315点)

小松明峰高校 偏差値51(275点)ー47(245点)

大聖寺高校 偏差値47(245点)ー44(220点)

小松市立高校 偏差値45(230点)ー41(200点)

小松商業高校 偏差値41(200点)ー40(190点)

小松工業高校 偏差値39(185点)ー37(170点)

石川高専 偏差値59から61(335点から350点)ー56から59(315点から335点)

という感じです。

しかし、まだ夏が終わったばかりで、

点数が足りるからこの高校を受けようとか、

点数が足りないから、この高校をあきらめようとか

考える時期ではありません!

むしろ、点数が足りないのであれば、

必死に努力して、足りるところまで自分を高めましょう。

逆に点数が足りている人も、

必死に追い上げてくる人がいるのですから、

油断なく、努力を重ねましょう!

全員が合格できるようがんばりましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です