その思い込みを壊せ

さて、3学期期末テストに向けての塾での学力診断テストが終わって、

今日、1年生にはテストを返却した。

結果を見てみると、全体的にやや悪い感じなのだが、

何よりも、全体的な結果が「いつも通り」なのが気になる。

450点くらいの生徒、

400点以上の生徒、

350~400くらい

300~350くらい

数名が、いつもよりちょっと悪い感じだけど、

おおむね、いつも通りの点数帯にそれぞれの生徒がいる。

飛躍的に成績を伸ばした生徒がいない。

1年生も3学期になると、悪い意味でテストに慣れ、

序列意識に縛られるようになる。

つまり、「自分はこれくらいの点数だ」と決めつけてしまうのだ。

僕は大体350点から400点くらいだから、

まぁ380点くらいを目指そう、400点取れたらいいなぁみたいな。

私はいつも300点から350点くらいだから、350点を目指そうみたいな。

こんな感じで、自分の成績の上限を勝手に決めてしまっている。

でも、そんなのクソくだらない。

だって、そうだろ。

テストは毎回、違う範囲ではやるわけ。

前回が悪かったとしても今回も悪いかどうかなんてわからない。

ましてやうちの塾生には、

僕は全員450点以上取れるように授業をしているし、

それだけの力はみんなあると思っている。

なのに、勝手に、自分の限界を決めて、

そこまでしか勉強しないと決めたのは自分だ。

そんなのはただの思い込みだし、

もっと言えば、ただの諦めだ。

そんなクソくだらない思い込みなんてぶっ壊してしまえ。

自分で自分の限界を決めるな。

君はもっとやれる。

がんばろう!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です