全力を出してからあきらめろ

さて、第5回の総合模試も終わり、

学校では第1回の実力テスト(共通確認テスト)が終わりました。

受験生にとって、いよいよ受験も佳境に差し掛かります。

受験生にとって、ここから1月までが一つの踏ん張り時です。

受験といえば3月なので、1月2月が追い込みだと思われがちですが、

そうではありません。

こと高校入試においては、まず受験するかしないかが第一関門です。

12月1月の時点である程度、成績のめどが立っていないと、

受験そのものをあきらめてしまう子もいます。

だからこそ、11月12月1月が勝負どころなのです。

むしろ、ここが受験前の一番の追い込みといってもいいでしょう。

そこで、表題にも書きましたが、

今、現状、第一志望校に成績が届いていない子に言いたい。

「全力を出してからあきらめろ。」

成績が届いていない子の中で、

そろそろ受験校の変更を考える子も出てきます。

また、それは12月1月になるとさらに増えてくることでしょう。

しかし、よく考えてほしいのです。

君は全力を出し切ったのか?

死ぬほど勉強して、死ぬほど問題を解いて、

死ぬほど質問して、死ぬほど覚えて、

そこまでやっても、ダメなら、

潔く撤退するのも選択肢のうちだろう。

しかし、そこまでもやってなく、

なんとなく、流れに身を任せて

なんとなく勉強して、

それでやっぱり駄目だったとあきらめていいのかと。

余力を残してあきらめることほど馬鹿らしいことはない!

あきらめるなら全力を出し切ってからにしろ。

まだ3か月ある。

死ぬ気でやれば成績なんていくらでも変えれる。

がんばろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です