世界遺産

最近、面白い本をゲットした。

「行った気になる世界遺産」

51xq0w1CpBL._SX336_BO1,204,203,200_

著者が世界遺産をあたかも行ったような感じで書いた旅行記である。

あくまでも「行ったような感じ」なので、

実際にはいっていないという不思議な本。

一つの世界遺産につき、3,4ページなので、

1つ1つはボリュームはそれほどないが、

30個ぐらいの世界遺産について書いてあるので、

本自体は結構なボリューム。

内容がまたまるで行ったかのように書いてあるところが面白い。

砂ぼこりの舞う道を、乗り合いタクシーはもう1時間以上走り続けている。ここはイエメン、砂漠のど真ん中。行けども行けども見えるのは砂と岩ばかり。変わらぬ車窓の景色にウトウトし始めたその時、・・・・

って、行ってないんですけどね笑

耳をつんざく水の轟音。有無を言わさぬ質量の迫力。滝が生む出す地響きに僕の内臓がバリバリと共鳴し、体の中にまで滝が流れているかのような錯覚を引き起こす。

いやいや、行ってないんですけどね笑

とにかく今回の旅は時間がない。何しろ2日だけしか休みが取れず、どこに行こうと迷った末ベトナムのホイアンに決めた。今夜着いて明日の午前中には帰るという恐ろしいほどの強行スケジュールだが、・・・

いやいや、強行スケジュールも何も行ってないんですけどね笑

という感じで、読んでると本当に旅行している人が書いた旅行記のように思えてきて、

ふと思い出すんです「行ってない」という事実に笑

まだ半分しか読んでませんが、なかなか楽しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です