第1回総合模試

さて、第1回の総合模試が終わりました。

理科の分析について、

こちらの学習塾協議会いしかわの合格塾.comに私が書いたものがありますので、

ぜひ一度ご覧ください。

また、他の塾の先生もおそらく

ほかの教科の解説をこれから書かれると思うので、

注目です。

うちの生徒たちは、早速自己採点は終わっていると思うので、

見直しをしっかりとかけてください。

できなかった問題をできるようにすることが勉強です。

そして、できなかった分野をできるようにすることが受験勉強です。

頑張りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 安田 末広 より:

    小松市在住の中学3年生の祖父です。石川模試で255点で平均点より下でしたのですが、小松明峰か小松大谷高校を目指しています(本人は大谷高校に行きたいと言っています)、先生の小松大谷高校の説明のところで、奨学金ランクCに評定平均3.4以上の場合は可能と乗っていましたが来年も評点平均3.4で奨学金を受けることが可能でしょうか?又評点平均とは3年の1.2学期の成績ですか、1.2.3年の成績の平均でしょうか、判れば教えて下さい。

    • KADOYA より:

      コメントありがとうございます。第一回目の模試は最初の自分の位置を知るためのテストでもあります。ここからのがんばりに期待したいところですね。大谷の奨学金に関しては、今年はまだ発表になっておりませんが、おそらくさほど基準が変わることはないと思います。評定平均は3学年のものになると思います(割合ははっきりとはわかりませんが・・・)。もし評定が足りないようであれば、この1学期2学期が勝負どころですね。がんばってください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です