学校の休講延長

さて、学校の休講が5月末まで延長となった。

うちの塾としては、このまま5月末までオンラインでの授業で行こうと思う。

現在の所、オンラインでもそれほど不自由なくいつも通り授業ができている。

まあ永久にこれだと困るが、期間限定であれば、

これでも十分に授業が展開できますね。

休校が延長になったことで、

正直、塾に通っている生徒はますます有利になる。

これは紛れもない事実。

うちも全学年、例年の1学期中間テストの範囲くらいは

余裕で終わっている。

学校は、課題で対応するのか

休講明けから夏休みや土曜日を使って授業を行うのか、

わかりませんが、

どちらにしても、12か月でやる内容を10か月でやるわけだから、

授業数は夏休みなどで増やして変わらないにしても、

生徒の体感する授業のスピードはとんでもなく早くなる。

そのため理解できない生徒がたくさん出てくる可能性が高いのだ。

だから、例年通りのスピードで授業を展開している学習塾に通う生徒は

だいぶ有利になること間違いナシ。 

でも、だからと言って、それに付け込むような生徒募集のかけ方は

どうかなぁと首をかしげるしかない。

FBかツイッターで、「このまま勉強が遅れて大丈夫ですか?」

「お母さん、お子さんを野放しにして大丈夫ですか?」

みたいな、あおり文句のチラシの画像を見たけれど、

そうやって、不安をあおって、不安に付け込んで

生徒を集めるのは、いささか「下品」に見える。

ただ、そうは言っても、差がつくことは事実なので笑

うちは満席なので、どこかの塾の門を叩くことをお勧めする。

できればそういった「不安をあおる塾」ではなく、

前向きに、「こんなときこそがんばろう!」

「今のうちに貯金を作っておこう!」など

前向きに募集している塾がおすすめだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です