動くことが大事

さて、先日、このような記事を書いたわけだけど、

1・2年生でもできる入試問題
さて、10日ほど前に、1・2年生でもできる入試問題ということで、今年の入試で1年生(新2年生)でもできる問題と、2年生(新3年生)でもできる...

中1・2でもできる入試問題を配って、

新2年、新3年で配って10日後くらいに

「やったひとー」ってきいたところ、

新2年生では8割くらい手が上がったのに対して、

新3年生は3,4人しか手が上がらなくて、

意識の低さを嘆いたわけですが、

その後、昨日の授業(上のを聞いた4日後)に

もう一度「やったひとー」と聞いたら、

ほぼ全員が手が上がった。非常に素晴らしい。

良く、2・6・2の法則の法則と言って、

どんな組織も、良く働く2割の人間と

普通に働く6割の人間と、

余り働かない2割の人間で構成されるというものがある。

これを、塾の話に置きかえると、

僕が何か話をしてこういうことをやった方がいいよって言うと、

それを即実行に移す人間が2割、

やった方がいいんだろうなーって思いながらなかなか実行しない6割、

最初からやる気のない2割というふうになる。

まあ、最後のやる気のない2割の人間は

うちの塾の場合、来てもすぐにやめるので、

最初から存在しないものだと考えて、

即実行に移す人間が3割。

やった方がいいなと思うけど実行しない7割

という感じだろうか。

(個人的には即実行する人がもう少し多いと信じたいが苦笑)

ただ、それでもいいと思ってる。

25人いたら、3割なら、7.5人。

まあ、7~8人に伝わればいい。

誰が即実行に移す7人かはわからないけど、

その7人に伝わればいいと思って話をしている。

さらに言うと、それを繰り返し、繰り返し

話すことによって、

実行する人間が、7人だったのが、

2回目話したら、12人になり、

3回目話したら、16人になる。

この辺まで来ると、

半分以上の人間が実行しているわけだから、

それ以外の人も実行しないとやばいと感じて、

実行するようになる。

だから、僕たちは、生徒がしつこいと思うくらい

大事なことを繰り返し伝えていかなければいけない。

そして、実行する癖がついてくれば、

3年生も半ばになるころには、

1回で実行する人間が多くなっていくことだろう。

さあ、がんばろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です