2020年度(令和2年度)石川県公立高校入試倍率

さて、本日、出願倍率が発表されました。

加賀地区の各高校の倍率は以下の通りです。

加賀地区の高校の倍率

K322

2020年度(令和2年度)の公立高校の入試出願倍率は

小松高校 1.17倍

小松明峰高校 1.09倍

大聖寺高校 1.06倍

小松市立高校 1.22倍となりました。

小松高校は、またしても低倍率。

模試が難しかったのと、星稜高校のテストが難しかったのが

影響しているのか、思ったより低倍率。

そして、さらに驚きなのが小松明峰。

小松が低倍率な分、今年も明峰が高倍率かと思いきや

明峰も低倍率。

私立無償化の流れで、大谷特進や北陸学院特進など

私立に流れたか?

一方、大聖寺は、定員を超えてやっと受験らしい受験となる。

1倍を超えたことにより、大聖寺は素通りではなくなり、

結構、ギリギリで無茶な突っ込み方をしている人はやばいかもしれない。

そして、市立が高倍率。

今年はここが激戦か。

市立から大聖寺への変更もあり得るのか。

まだ出願変更が残っているので、何とも言えませんが、

こんな感想です。

まあ、何にせよ、

倍率なんて関係ねぇ!!

って言えるところまで

実力をつけられるように、残り14日頑張りましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です