模試の見直し

さて、模試をしっかりと見直すことの重要性を

前回、書きましたが、

その模試の見直し方を書いておこうと思います。

まず、模試を見直すときには、

自己採点をしましょう。

模試の答案が返ってくるまで待つと遅くなります。

そして、自己採点を元に見直すをするわけです。

見直す際に、まずはテストに出ていてできなった問題を

できるようにしましょう。

まあ、数学なんかで明らかに自分の力と難易度があってない場合には

できなくてもかまいませんが、

自分の力でできる問題は必ずできるようにしましょう。

そして、そこで終わりにするのではなく、

テスト全体を見た時に、

できていない単元があった時には、

そこの部分を問題集などでしっかりと復習しましょう。

これが重要です。

テストで出た問題だけだと、

明らかに全体像をとらえるには量が足りません。

例えば、理科の光の部分ができなかった場合、

理科の光の部分で、模試に出た問題はもちろんのこと、

それ以外にも、問題集で問題練習を積んでください。

こうすることで、光の部分は完璧にできます。

つまり、弱点が得意に変わるというわけですね。

これが見直しです。

ここまでやりきってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です