考えを可視化する

うちの小学生の授業では、わくわく思考力コースという

考える力をつける授業をやっているのだけど、

思考力の授業をやっていて思うのは、

自分の考えを実際に目に見える形にすることが本当に大事だってこと。

実際、自分の目に見える形にしないと、

小学生の子には、自分が何が間違っているのかわからない。

適当に数字を組み合わせたりして、

解いているだけだと、

例えば、200×23=4600と言う式を作っても、

じゃあ、この4600って何の数字?って聞くと、

何もわかってなかったりする。

考え方が逆なんだよね。

数字があるから、式を作って、そこから何かを求めるのではなくて、

何か求めたいものがあるから、それを求めるためには

どう考えればそれが求められるかを考えて、

その上で、必要であれば式を建てるって感じにしなければいけない。

そのためには、自分の考えを、

実際、絵や図にして、目に見える形にして

その上で、何を求めたいのか、

どうすれば求められるのかを考える力をつけて行ってほしいと思う。

実際、思考力コースを1年以上やっている子だと、

それができるようになってくる。

まず問題を読んだら、絵や図を描くことを習慣にしてほしい。

一緒に、賢くなっていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です