31年度石川県公立高校入試確定倍率

さて、本日出願変更の締め切りで、

今年の確定倍率ができました。

K222

小松高校は10人減で、1.25倍→1.22倍。

小松高校にとっては例年通りの倍率に収まった感じですね。

昨年は非常に低倍率でしたが、元に戻った感じです。

小松明峰は1人減で、倍率は変わらず1.36倍

もう少し減るかと思った明峰ですが、

おそらく 小松→明峰の変更がいて、明峰→大聖寺or市立の変更がいて、

結果、プラマイゼロみたいな感じで、ほぼ変わらずの高倍率です。

今年の明峰は本当に高倍率なので、厳しい受験になりそうです。

大聖寺は、7人増加で、0.93→0.98倍。

うーん、思ったより倍率が上がりませんでしたね。

受験生にとってはうれしい状況かもしれませんが、

大聖寺高校にとっては本当に厳しい状況です。

マジで危機感を持って改革に取り組まないと、

このままでは過疎化の波にのまれて、

ドンドンと低迷していくと思います。

頑張れ大聖寺高校。

小松市立は3名増加で、1.09倍→1.11倍。

やや増加ですが、まあ普通くらいの倍率ですね。

商業は2名増加で、ギリギリ定員を超えました。

工業は、各学科で、ちょっと増えたりちょっと減ったりって感じですね。

思ったより、大きな変化はなかったですね。

実際、子供たちに学校の様子を聞いても、

学校でもあんまり出願変更を受け付けている感じはなくて、

なんとなくスルーされてる感じらしかったですね。

明峰からはもうちょっとギリギリの子は変更するかと思いましたが…。

ま、これで全員出願は決まったので、

受験生は、後は全力でぶつかるだけ!

頑張りましょう!!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です