いつまで浅い勉強をやってるの?

さて、中1、2年生は期末テスト前で、

中3は受験前ということで、

塾では一生懸命頑張る中学生の姿がたくさん見られる。

そんな中学生たちの勉強を見ていると

勉強がうまくいっている子とうまくいっていない子の違いがよくわかる。

一番の大きな違いは

「ひとつひとつちゃんと身につけようとしているかどうか」

と、言うことだ。

特に1、2年生を見ていると

テスト勉強で学校のワークなんかをやっているときに

とにかく何も考えず、ひたすら進めているだけという様子の子がいる。

自分ではちゃんとやっているつもり何だろうが

1ページやって丸付けすると半分くらい間違えていても

すぐに赤ペンで直して、すぐに次のページへ進む。

まるで作業のように。

これじゃあ何も身に付かないはずだ。

テスト勉強でワークをやって半分くらい間違えるのなら

まずは解説ページなり教科書なりで

ざっと内容を確認してからやった方がいい。

そして間違えたところはrただ赤ペンで治すだけじゃなく

何を間違えたのか解説も書いた方がいい。

さらに、それが終わった後にはちゃんと見直して

覚える時間もとった方がいい。

こうやって、ひとつひとつ身につけることが大事だ。

そう考えると問題を解いて丸付けをするだけは

勉強のほんのはじめの一歩をやっただけだとわかる。

どこまで勉強を仕上げるかは

自分のプライドとやる気で決めるしかない。

いつまでも浅い勉強をやってないで

本気の勉強をやろうぜ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です