手遅れになる前に

中2や中3から塾に入ろうとする生徒や保護者の方からよく聞かれるのが

「今からでもついていけますか?」と言う質問。

いつも同じ答えを返すのだけど、

「その子次第です。」

どうも塾と言う場所が何か魔法のような手段で成績を上げているように

勘違いされているのかもしれない。

確かに、うちの生徒には成績の良い生徒がたくさんいる。

しかしそれは魔法のような手段で成績を上げているわけではなく

その子が一生懸命努力した結果である。

だから、その「成績が良い」と言う状態だけを見て

魔法のように成績が上がると思われるのかもしれないが、そうじゃない。

塾と言うのは、薬などですぐに病気を治す病院のような場所ではなく、

サッカー教室やピアノ教室、スポーツジムなんかと同じだ。

サッカー教室やピアノ教室に来て、

「1年2年先にやっている子と同じプレイがすぐにできますか?」とは

普通は聞かないと思う。

ましてや

「うちの子サッカーが苦手なんですけど、2年前からやっている子に

 すぐについていけますか?」とは聞かないと思う。

中2から来て中1の勉強が苦手なのであれば、

人の2倍努力しなければ、追いつくことはできない。

簡単な理屈である。

塾でそれをサポートできるのは、

2倍努力するときに、2倍努力したらちゃんと追いつけるように、

何をどう努力したらよいのかを指導することだ。

2倍努力しなくても追いつける方法は残念ながらありません。

うちには、毎年、途中入塾でも飛躍的に成績を伸ばす生徒がいる。

その子たちは、きちっと覚悟を決めて、

何が何でもやってやろう! そんな覚悟で塾に来たのだろう。

だから、一生懸命努力して、

皆に追いつき、場合によっては追い越すことまでできたわけだ。

だから、その子の頑張り次第では十分成績を回復させることも

勉強が得意になることも可能だ。

ただ、それだけの努力はもちろん必要です。

だから、塾と言うのは、

完全にできなくなってから来ると、非常に大変だということ。

もちろん、無理ではないが、本人が本当に頑張らないといけない。

できるだけ、そうなる前に、塾の門をたたいてほしいとおもう。

「できなくなったから」来るのではなく、

「できなくならないように」前もって塾に通おう

ぜひそう思って、早めに来てください笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です