第3回石川県総合模試

さて、先日第3回の石川県総合模試が終わりました。

志学塾でも昨日より答案を返却しております。

さて、今回の総合模試の様子はどうだったのでしょうか。

第3回石川県総合模試の平均点

今回の平均点は以下のような感じでした。

教科 英語 数学 国語 理科 社会 合計
第2回平均点 55.3 49.1 58.9 52.2 48.6 263.9
前回平均点 51.2 50.0 53.2 61.8 53.9 269.8

前回に比べて、合計点の平均が5点ほど下がっておりますが大差はありません。

理科の難易度が元に戻り、国語がやや簡単みたいですね。

そして、社会が今回は難しかったかんじです。

各高校の合格ライン

さて、石川県総合模試も第3回となってくると、

自分の志望校の合格ラインが気になってくるところだと思います。

今回の総合模試の加賀地区の高校の80%ラインは以下の通りです。

小松高校  偏差値61 点数350点
石川高専  偏差値58 点数325点
明峰高校  偏差値52 点数280点
大聖寺高校 偏差値50 点数265点
小松市立  偏差値45 点数225点
小松商業  偏差値39 点数180点
小松工業  偏差値39 点数180点

個人的には大聖寺はもう少し低くても逝けるかなと思いますし、

市立はもう少し点数会った方が安全かなと。

小松商業・小松工業も200点は取るべきかなと思います。

あくまでも10月時点での結果ですので、

大丈夫だからと言って油断せずに、

点数が足りないからと言ってあきらめずに

しっかりとがんばることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です