この時期の受験勉強に最も大切なこと

最近、中3の授業で

とにかく口を酸っぱくして何度も言っていることは

「ちゃんと身につけろ」ってこと。

ここからのこり5か月の受験勉強で、

一番大切なことだと思う。

第3回の総合模試が終わったけれど

模試の問題で自分ができなかった所をもう一度振り返ってみると、

うちの塾の授業でやったことがたくさん出ている。

自分で問題集などでやったこともたくさん出ている。

それはあたりまえなこと。

だって、受験で出やすい所を授業で教えているんだから、

当然、模擬試験でも同じようなことは出る。

問題集だって、受験向けに作ってあるやつは、

当然受験に出やすい問題を集めてあるわけだ。

だから、模擬試験や受験本番で同じようなものが出ても

何の不思議もないし、それは奇跡的なことでも何でもなく、

当たり前に授業をやったら、当たり前にテストや受験に出るってこと。

ただ、そこで、受験生は二つのタイプに分かれる。

1つは、授業でやったところが出たから、できました!って子と、

もう1つは、授業でやったところが出たんですけど、またできませんでした…って子。

受験生がどっちを目指すべきかは言うまでもない。

ここから先も、受験生は授業を受けたり、

問題集をやったりして、たくさんの問題を解くでしょう。

そうすると、自分の解けなかった問題や覚えてなかった知識などが出てくる。

その時に、必ず立ち止まって、どうやったらそれが身につくかを

真剣に考えましょう。

人によっては、ノートにいったんまとめる必要があるかもしれないし、

付箋に書いて、机に貼っておく人もいるかもしれない。

間違えた問題に印をつけて、明日もう一度やってみるのもいいでしょう。

二回だけじゃ不安なら、日付を書いておいて、
一週間後にもう一度やってみてはどうだろうか。

一日の勉強の締めくくりに、
今日やった勉強をもう一度頭の中で思い出してみるのも効果的だろう。

そうやって、いろいろ工夫をしながら、

どうやったら身につくのかを真剣に考えること。

ただ、身につかない状態で、

問題集を進めたり、学校の課題をただやっていたりしても、

意味がないってこと。

残り5か月、

まだまだ時間はある。

頑張って勉強しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です