中学生数学のテスト勉強

さて、今日明日で各中学校の期末テストも終わりですね。

1学期の期末は、各学年で重要度の高い単元がテスト範囲になっています。

1年生は文字式の計算

2年生は連立方程式

3年生は平方根です。

1年生の文字式は、これから先の数学は数字の代わりに

文字を使う場面が非常に多いです。

小学校の時のように、文字式の単元が終わったから

もう使わないというわけではありません。

これから先の数学でずっと使っていくそんな単元です。

2年生の連立方程式は、3年間で学ぶ方程式の中で

最も受験によく出てきます。

受験に出てくるのは、利用の文章題になりますので、

計算はできて当たり前だと思ってください。

利用がテスト範囲に入っていなくて、

次回のテストに回っている中学校は、

今回で計算をしっかりとマスターしましょう。

3年生の平方根は毎年苦手とする中3生が出てくる単元です。

なぜ、難しいと感じるのかというと、初めての概念が出てきているからです。

数学の中では、久しぶりに全く新しいことを導入しているんですね。

中学校の数学は、学年が上がるごとに、同じ単元でもレベルが上がる仕組みなので、

(1年1次方程式→2年連立方程式→3年2次方程式のように。)

なので、数学でも算数でも全く触れていない新しい概念というのは

非常に久しぶりに出てきたことなんです。

だから、しっかりと勉強しないと、難しく感じます。

しかし、平方根はこれから先、数字と同じように使っていくので、

十分練習をすれば、必ずできるようになる単元です。

数学のテスト勉強で気を付けること

どの学年も共通して、テスト勉強の際に気を付けるべきことは、

計算を自分で手を動かして、しっかりと練習するということです。

学年が上がるにつれて、

「やり方はわかってるから大丈夫」とか、

「例題だけやれば大丈夫」とか、

「パッと見できそうだから大丈夫」とか、

そんな理由で、計算のところをあまり練習しない子がいます。

これが大きな間違いです。

新しい計算に対しては、

しっかりと自分の手を動かして練習し、

もう機械的に素早く正確に計算できるところまで

練習することがテスト勉強の目標です。

例えば、小学校で習った、2ケタ×2ケタのひっ算を思い出してみてください。

掛け算のひっ算をやるときに、いちいち、

「掛け算のひっ算は、まずいちばん右の数字をかけて…」とか、

「十の位の掛け算は、二列目に、一個ずらした状態で書いて…」とか

意識して、思い出しながらやらないとできないでしょうか?

中学生であれば、もはや機械的に掛け算のひっ算を素早くできるのではないでしょうか。

これは、小学校の時に、計算ドリルなどを繰り返し行い、

頭で考えなくてもできるくらいに練習した結果です。

では、現在、中学校の計算をそれくらい練習しているでしょうか?

おそらく、数学が苦手な生徒ほどやっていないのではないでしょうか。

しっかりと手を動かして、手が覚えるくらいまで計算の練習をする。

素早く正確に計算ができるようにする。

これは数学の基本です。

やり方がわかっているから良いのではありません。

計算の単元は、やり方がわかってからが勉強です。

ぜひ、次のテストの時には、

徹底的に計算も練習してテストに臨みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です