中学生のテスト勉強で気を付けること

さて、今日は、期末テストに向けてのテスト勉強会。

午前中から、結構な数の生徒が勉強しに来ている。

良く頑張ってて非常に素晴らしい。

テスト勉強で気を付けること

こうやって、勉強会や自習を利用して、テスト勉強をしているのを見ると、

生徒の勉強でいくつかよくない点が見えてくる。

その都度、気がつけば生徒に注意しているが、

あらためて、ここにも書いておこう。

1、答え合わせをしない

学校のワークなどをやっている様子を見ていると、

答え合わせをせずに次のページに進む様子が見られる。

これは非常に良くない。

1ページごと、または1見開き(2ページ)ごとには必ず答え合わせをしよう。

問題集はA問題→B問題→発展問題みたいな感じのつくりで

繰り返し練習できるようになっているので、

Aの時点で自分の間違いを発見し、Bでもう一度練習をすることができる。

しかし、A問題の時点で答え合わせをせずにB問題へ行くと、

Aで分からなかった所や間違えたところは、当然、Bでも間違えていて、

くり返しの練習にならない。だから、こまめに丸付けをして、

分からないところを覚えたり、理解したりして、次へ行くべき。

さらに言うと、根本的な問題として、

答え合わせをしないということは、

「自分の答えがあってるか違ってるかも気にならない」

「空欄にしているところの正しい答えも気にならない」

つまり、そんな状態は、

テスト勉強をしているのではなく、ワークを進める作業をしてるだけってことだ。

2、分からないところや覚えてないところもそのまま

これもテスト勉強の様子を見ていると非常に多いのだけど、

答え合わせをしたら、すぐに次のページへと進もうとする。

きっと、ワークを進めることしか頭にないんだろうけど、

それは勉強じゃない。

むしろ、テスト勉強は、

問題を解いて、答え合わせをした、そのあとがテスト勉強だ。

間違えた問題をもう一度見直し、覚えるべき問題なら覚える、

理解しなきゃいけないことであれば理解する。

理解できないのであれば質問する。

ここが、テスト勉強なのだ。

問題を解いて、ワークを進めることしか考えてないと、

ただの作業となる。

どちらにせよ、常に「テストで出た時にちゃんと答えられるようにする」

ということを意識していれば、

自然と守られることだと思う。

頑張って、テスト勉強を仕上げていこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です