ロボットで紙飛行機を飛ばす

さて、今日は、本年度最後のロボットプログラミング講座。

今日は、前回の残りの紙飛行機飛ばしロボットを完成させる。

IMG_0178

操縦桿を動かすと、発射台が前後左右自由に動く。

そして狙いを定めたら、ボタンを押すと

紙飛行機が発射される。

そんなロボット。

先週、途中までしか作れなかったけど、

今週みごとに全員が完成させた。

IMG_0181

紙飛行機が良く飛ぶかどうかは

ロボットやプログラミングの性能よりも、

紙飛行機の性能にかかってた気がするけど笑

そして、後半はこのロボットを改良し、

クレーンロボットに作り替えてのミッション。

IMG_0187

首が前後左右に動くのはもちろんのこと、

ボタンを押しながら操縦桿を動かすと

クレーンが巻き上がったり、降ろしたりできるようにする。

これで、台の上に置かれた荷物を下に落とすゲームを実施。

操縦のうまさが重要になってくるわけだけど、

中には、クレーンの鉄球(青色ブロック)を3個に変えて、

破壊力を揚げて挑戦する子もいた。

そういう発想や改良はロボット講座では大歓迎。

しかし、鉄球をでかくすると、コントロールが難しくなり、

倒してはいけない台まで倒してしまっていた。

破壊力を上げるとコントロールが難しくなる。

実物を同じようなことが学べたね。

ということで、今年もロボットプログラミングは

さらなる高みに、一緒に登って行こうと思います。

来年の今頃は、2足歩行ロボットが完成しているかな。

楽しみだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です