いつから

毎年のことながら、この時期になっていると、

「新中3って空いていませんか?」という問い合わせを良く受ける。

きっと、そろそろ3年生だし、受験に向けて塾に行こうかなぁ

何て感じで、お問い合わせをいただくのだろうけど、

毎年、この時期には、もう中3は満員で

お断りするしかない状況になっている。

塾としては、できれば早めに来てもらいたいと思うわけだけど、

たぶん、普通の考え方としては、

「成績が悪くなってやばいから塾に行く」

「受験がこのままではまずいから塾に行く」

そんな感じなんだろう。

しかし、これは断言できるのだけど、

それは塾の活用の仕方としては間違っている。

以前、お友達の塾長である志学スクールwishの今淳塾長が

ブログに書いていた、病院とサッカー教室の例えが秀逸だと思う。

病院は、病気になって、どこか悪いところがあって、それを直すために行く。

サッカー教室は、サッカーが上手になりたくて行く。

この違いが分かりやすい。

志学塾は、病院ではなく、サッカー教室とおなじ。

成績が悪くなって、それを直すために行くのではなく、

少しでも勉強が得意になれるように成長するために行く。

だから、成績が悪くなった、受験がやばい、

そんな理由ではなく、「勉強を頑張ろう!」というタイミングで

ぜひ塾に来てもらいたいと思う。

良く問い合わせや質問でも聞かれるけど、

「途中からでもついていけますか?」

「成績が悪いのですけどついていけますか?」

何て質問も、サッカー教室だと思って考えてもらえば

自ずとわかってもらえると思う。

2年前からサッカーをやっている子のところに、

一回もやったことのない子が突然参加して

すぐに同じくらいのプレイができるかというとできるわけがない。

だって、他の子はそれまで2年間、一生懸命やってきたわけだから。

そこに途中から入るのは不可能じゃないけど、

それだけの努力が必要なのは間違いない。

だから、この春、塾で勉強頑張ろうかなぁって思って迷っている子は

ぜひ、どの塾でもいいから、早めにその門をたたいてほしい。

「成績悪くなってから」とか「勉強がわからなくなってから」ではなく、

成績が悪くならないように、勉強がわからなくならないように、

そして、自分の学力を成長させるために、

一緒に頑張りましょう。

と、最後は、営業っぽくなりましたが、

きっと、どの塾の先生も、なんでこんなに手遅れになるまで放置した!

なんて思ってたりしますよ。(あ、これは病院の先生も一緒か…)

悪くなる前に是非。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です