加賀地区高校入試状況2017年11月

さて、だいぶ遅くなりましたが、

先日第4回の総合模試が終わりました。

皆さん結果はどうだったでしょうか。

この第4回の模擬試験受験者から見る

今年の加賀地区の受検者の動向です。

1、小松高校

小松高校は、昨年の同時期に比べて、

第一志望の人数が100人近く少なく、

これは今年の中3生の減少割合を考慮しても、

かなりの減少となっています。

早めに小松高校受験をあきらめてしまった子が多いのか、

元々、小松高校志望の子が少ないのか、

どちらにせよ、このままだと小松は倍率がやや低めが予想されます。

受験者の平均偏差値は例年とほぼ同じですので、

学力層はほとんど同じかと思います。

小松志望の子は、周りに惑わされず、

諦めずに、努力を続けるべきだと思います。

2、小松明峰高校

明峰は第一志望の割合は例年並み。

平均偏差値も、例年とほぼ変わらないので、

今のところ、今年も明峰は例年通りかと。

3、大聖寺高校

大聖寺は、第一志望の数が昨年とほぼ同じですが、

今年の卒業生が減っていることを考えると、

ほぼ同じという子とは割合的には増えていると考えられます。

しかも、今年は定員も1クラス減となりますので、

現在のところ例年よりも倍率が高めになるかと思います。

今後の推移に注目ですね。

4、小松市立高校

小松市立は、やや第一志望の割合が下がっています。

英検3級の2次試験と重なり、

学力中間層のキャンセル・欠席が多かったと聞きますので、

その影響もあるのかもしれません。

5、小松商業・小松工業

小松商業と工業が今年は例年よりも

第一志望の割合が高いですね。

まあ、工業商業を志望している子の中には

模擬試験を受験していない子もいると思うので、

模試の結果だけでは何とも言えませんが、

現在のところ、模試の状況だけだと、工業商業は

今年はやや人気が高くなりそうです。

志望している生徒は、油断なく勉強しましょう。

2017年第4回の模擬試験から見る

加賀地区の高校入試状況でした。

あくまでも現時点での様子ですので、

参考程度に見てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です