この時期からの受験勉強でたいせつなこと。

さて、受験まであと4か月半となりました。

受験生にとっては、11月は学校では第一回の共通確認テストがあり、

また、塾での模擬試験は第4回を迎えます。

そろそろ、自分が志望校に対して、

合格を狙える位置にいるかということが、

気になったり、不安になったりすることがある時期かと思います。

そんなここからの4か月、

その間の勉強で最も大切なこと、

それは・・・・

身に付ける。

ということです。

つまり、何時間勉強したとか、

何ページ勉強したとか、

どんなに難しい問題にチャレンジしたとか、

そんなことではなく、

その日の勉強で、自分が何を身に付けたか。

これが大事になってきます。

身に付けるということ

何時間勉強しようが、難問問題を解こうが、

どれだけ授業を受けようが、

結局身に付いてなければ、学力は上がりません。

ここから先は、とにかく自分が勉強して、

その場でできなかった問題を

いかに「身に付けるか」を考えましょう。

そのために必要なことは、

「見直し」です。

授業でやったことをやりっぱなしにせずに、

授業内で間違えたことを必ずやり直しをする。

昨日の勉強で間違えたことは、

ちゃんと身に付いているか、次の日もう一度解き直してみる。

模擬試験で間違えた内容は、

もう一度見直しをし、それでもわからない問題は、

必ず質問して解けるようにする。

こうやって、

今日できなかったことが、

明日にはできるようになっていること。

しっかりと身に付け、一問一問できるようにしていくこと。

これを意識しましょう。

いくら勉強しても、分からないものはわからないまま、

覚えてないものは覚えてないまま、

そんな状態では、勉強していないのと一緒です。

とにかく、しっかりと身に付ける。

身に付くまで見直し、やり直しを繰り返す。

焦らず、一問一問しっかりとやる。

この気持ちで、残り4か月頑張っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です