考えること

さて、中1の数学は方程式の計算が終わり、

方程式の文章題へと入っている。

うちの数学の授業では、だいたい、まず例題を1問だし、

僕が解説して、練習問題へと進む。

昔は、いきなり例題の説明から始めてた時もあるんだけど、

最近は、例題を出したら、どんな問題でも、

最初に子供たちに考える時間をとるようにしている。

特に今回のような文章題の時にはだいたいの生徒は

初めて見る問題は、全く解けないことが多いのだけど、

それでもできるだけ考える時間を取るようにしている。

やはり、その時に感じるのが、

「何もしない生徒」が非常に危険だということ。

「新しい問題だから、どうせ答えなんて出せないし、

やり方もわからないし、解説を待とうっと」

って、思ってるかどうかは知らないけれど、

そんな感じで、何もしないで待ってるだけの子は非常に危険だ。

どんな初めて見る問題でも、

考えることはできる。

授業でやる問題はテストではないのだから、

答えが出なかったとしても、考えるということ自体に意味がある。

自分なりに、精一杯考えたからこそ、

解説を聞いた時に、

「あぁ、なるほど、そうやってやればいいんだ!」

と、思えて、考え方や必要な知識が身に付くわけです。

でも、何も考えてないと、

なんとなく解説を聞くだけで、自分の身にならず、

実際に、その次の練習問題をやってみて初めて

身に付いてないところに気が付く。

そして、あわてて、解説や解答を見る。

みたいなよくない流れになるわけ。

とにかく、最初に、

自分になりに精一杯考えること。

これ、非常に重要なり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です