夏期講座修了

今日で中3の夏期講座も終了。

今年も受験生たちは良く頑張りました。

最終日は、テキストのテストを実施した。

テキストは、春から夏休み前までに1回やり、

この夏休みに2回目をやったテキストです。

そのテキストの中から、ランダムに選んだページをテストし、

85点以上で合格となる、そんなテストです。

このテストを実施すると、良くわかることは、

2回やったテキストでも、

まだまだできないままになっている問題が

意外とたくさんあるということです。

実際、テストをやってみると、

85%も正解できなかったり、

できると思ってたページでも100点ではなかったりします。

でも、それが勉強だと思います。

実際、100ページ以上あるテキストが5教科で5冊あるわけですが、

これをたった2回やっただけで、

全部のページが完璧になるわけではありません。

また、分からない問題を

質問したりもせずに、そのまま放置してても、

自然とできるようになるわけでもありません。

受験生には、そこにぜひ気が付いてほしいのです。

なんとなく、テキストやワークを1通りやると、

勉強した気になりますが、

実際には2回やってもまだまだなのです。

ここから、さらに、間違えた問題や不安な問題に印をつけ、

その印をつけた問題を、3回目、4回目を学習し、

自分のものにしていかなければなりません。

ちょっとやっただけで簡単にできるようになる、

そんな魔法のようなことはどこにもないのです。

それにいち早く気が付き、

くり返し学習する中で、

しっかりと自分のものにしていくことができるようになった時、

必ず勉強はうまくいくことでしょう。

受験まであと6か月。

今年も、全員合格目指して、

これからもがんばっていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です