考えることの大切さ

勉強が得意になるために必要なことは

自分の頭で考えるということだ。

例えは塾の授業なんかで

新しい単元で初めての例題が出される。

説明する前の少し考える時間を取る。

もちろん初めてやる問題だから

誰もやり方を初めから知っている子はいない。

でも、何人かの子は一生懸命その問題を考え始める。

色々と試行錯誤したり、試しにやってみたりして、

なんとか答えにたどり着こうとする。

また、何人かの子は、安直な考えで間違えた答えにたどり着き

できましたという感じでペンを止めている。

そして、数人の子はただ解説が始まるのを待っている。

さて、自分はどのタイプだろうか?

一生懸命考えて、正しい答えにたどりつ受けた生徒は

非常に素晴らしいと思う。

また、考えた結果、色々やってみたけど、

それでも答えが出なかったり、間違えた答えになってしまった子も

それでいいのである。

初めて見る問題なんだから、正しい答えになんてたどり着けなくてもいい。

そのあと解説を聞いて、自分の考えと正しい考えで

どこがどう違うのかよく学べばいい。

安直な考えですぐに間違えな答えにたどり着いてしまった人も悪くはない。

なぜならそれが授業をしている者にとっては

「しめしめ、引っかかったな」と思える一番理想の状態だからだ笑。

その考えがいかに落とし穴で気をつけるべきかを

しっかりと解説するのでよく聞いて次から気をつければいい。

そして、何も考えずに解説を待っている子。

残念ながらこれが一番最悪だ。

これをすると間違いなく勉強はできるようにならない。

なぜなら自分で考えてないから

正しい答えを聞いても何も心に響かない。

一生懸命考えた人なら、正しい答えを聞いて

「あぁ、なるほど!!!」と、感心しつつ納得できるはずだ。

落とし穴に簡単にハマった人も

「くそー、ひっかけだ!しまった!」となって気をつけるべきことが

必ず記憶に残る。

でも、唯一、考えてない人だけは、

何も心に響かないし、何も記憶に残らない。

さあ、どうすればいいかわかったはず。

考えるチャンスを見逃すな。

しっかりと考えて、賢くなろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です