おぼえると思い出すをセットで

さて、橋立中以外の加賀市の中学校は、

来週、再来週がテストなので、

そろそろテスト勉強が佳境に入るところ。

中1は、初めてのテスト。

大事なのは、自分の全力でテストにぶつかることです。

中2・中3は久しぶりの定期テストですが、

学年が上がって、いつも以上に問題が難しくなります。

特に中3は受験を見据えて、定期テストも難しくなるので、

しっかりとやらなければいけません。

さて、タイトルにも書いたように、

テスト勉強するときに、「覚える」というをします。

しかし、この「覚える」というのがなかなかの曲者で、

自分では覚えたつもりになっているだけで、

実際には、頭には入っていないということが良くあります。

誰しもが、「あー、この間やったのに・・・思い出せない・・・」

みたいな経験があるのではないでしょうか。

なので「覚えた」ということを、

自分の感覚だけに頼るのではなく、

ちゃんと「思い出せるか」をチェックして、

思い出せて初めてそれは「覚えた」と言えます。

例えば、問題集をやって、まちがえたところを覚えます。

でも、そこで終わると「覚える」しかやっていません。

そのあとに、もう一度その間違えた問題を何も見ずに解いてみましょう。

ちゃんと解ければ「思い出せた」ということです。

また、時間があるならば、次の日にも、もう一度解いてみましょう。

そこでもちゃんと解ければ完全に「思い出せる」ということです。

こうやって、自分で「覚えた」と思った状態でやめるのではなく、

ちゃんと「思い出せる」かどうかをテストするところまでを

セットにして勉強するといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です