信号機

さて、この前の土曜日は第2回のロボットプログラミング講座だった。

2回目の課題は信号機の作成。

リアルな歩行者信号を作りました。

IMG_1298

こんな感じです。

一見すると簡単なオモチャ見たいですが、

これが押しボタン式の歩行者信号になっているので、

ボタンを押すと信号が青に変わり、

さらにカッコーの音が鳴ります。

しばらくすると青信号が点滅し、

赤に変わります。

これだけでもプログラム的にはいろんなことを学べます。

まずは点滅させるための繰り返し処理。

さらに入力装置であるタッチセンサーから

ボタンを押すとプログラムが動く処理など、

子供達は普段見る信号が

どのような命令で動いているか考えながら

1つずつ作っていきました。

プログラミングはやればやるほど

子供達の論理的思考を強くする

良い教材だと思います。

これからも楽しみながら色々作っていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です