小学生

年々、小学生の指導が、算数や国語などの教科の指導より、

子供たちの考える力や思考力を身に着けさせる方が大事なんじゃないかと

考えるようになってきている。

もちろん、算数や国語が大事じゃないというわけではないのだけど、

ただひたすら、計算や漢字なんかを練習することよりも、

算数なら文章題の解き方、国語なら文章の読解の方を

小学生のうちにしっかりと学習しておいた方が良いと思う。

計算や漢字なんかは、結構小学校の宿題でも出ていて練習量は十分だと思う。

(もちろん、それでも理解不足な子のために、普通の算数の授業も

 志学塾ではやっていますよ)

でも、学校の授業や宿題でそれなりに計算や漢字などがわかっている子には、

さっき書いたように、計算ではなく文章題、漢字や語句ではなく文章の読み取りを

学習してもらいたいと思う。

そして、それをもう一歩突き詰めると、

算数の文章題にしても、国語の文章の読解にしても、

根っこにある部分は、思考力に行きつくのではないだろうか。

たとえば、算数の割合の文章題などで、

「もとになる数」と「比べられる数」をみつけて、

数字の下に線を引いて〇に「も」とか、〇に「く」とか書いて

どれがもとで、どれが比べられる数かを見つけて、

比べられる数÷もとになる数というふうにけいさんするという

指導の方法があるが、

僕は正直、あんまり好きじゃない。

酷いクラスになると、〇〇は△△の__割であるを求めるのに、

「~は」は「比べられる数」で、「~の」は「もとになる数」と

覚えるようにしていたりする。

確かに、機械的に割合の問題を解くにはこれでいいのかもしれないが、

正直、何の役にも立たない知識だと思う。

そんなことよりも、今比べているのは何と何を比べていて、

それぞれ、どちらが多くて少ないのか、

少ない方は、半分くらいなのか、三分の一くらいなのか、

なんてことをイメージして、考える方が

例え、こたえがちゃんと出せなくても、

数字だけで機械的に答えを出している子よりも

全然いいのではないかと思う。

そうやって、あまたの中でイメージして、考えることが

思考力じゃないかと思う。

志学塾の小学生では、

できるだけ、子供たちの経験値を増やし、

色んな事を自分で考えることができる力をつけてほしいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. shimizu より:

    自分の小学校時代を思い出します。
    スゴく迷惑かけました…苦笑

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です