やれば必ずできる

さて、中1・2年生の期末テストが直前に迫っているわけだけど、

中1も、この辺から、段々と勉強に差が付きはじめる。

塾生の様子を見ていて気になるのは、

やればできることを、ちゃんとやらない子だ。

例えば、テスト範囲の漢字なんてものは、

誰だって、勉強して覚えれば必ずできるものである。

数学でも、今回の1年生のテストは、平面図形と空間図形だが、

例えば、球の体積の求め方を覚えていないとか、

難しい形ではなく、中心角90度のおうぎ形(円の4分の1)の

面積の求め方がわからないとか…。

こんなのは、やれば必ずできるのに、

「漢字を覚えるのが苦手だから…・」

「空間図形は小学校の時から苦手で…・」

「おうぎ形は求め方がややこしくて…・」

なんて言い訳をしながら、ちゃんとやらないからできるようにならない。

やれば必ずできる!

やる前から諦めていては、何も進歩しないよ。

しっかりと身に付けて、テストを頑張ろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です