日本の歴史

先日、近所の書店である前山書店のご主人から薦められて

日本の歴史の漫画を購入しました。

img_1093

塾の本棚には、もともと、いくつか歴史の漫画のシリーズが入っているのですが、

あらためて、1セット購入。

今回は、集英社の日本の歴史です。

ジャンプを出してる集英社のものだけあって、

中身が結構エンターテイメント的で

面白いです。

志学塾には、朝日小学生新聞の日本の歴史のシリーズを置いてあるのですが、

こちらは、ネットで評判が良かったので買ったのですが、

どうやら大人目線での評判だったみたいで、

中身が、確かに、勉強するには過不足ないくらい詳しく書かれています。

一方で、不足なく書くためにか、説明っぽい部分が多く、

お話として読むには、それほど面白くない感じでした。

あとは、こち亀の両さんの学習漫画シリーズの歴史もありますが、

こっちは、面白くて、子供たちも結構よむのですが、

一方で、内容がそれほど詳しくなく、両さんキャラにばかり目が行くので、

歴史の内容的には薄いかなぁって感じでした。

今回勝った集英社の新シリーズは、

その中間を行っているような感じですので、

ちょうどいい感じがします。

僕もとりあえずざっと6巻くらいまで読みましたが、

結構楽しんで読めました。

ちなみに、僕が惹かれて購入を決めた一番の要因は、

表紙です。

img_1095

そう、表紙をJOJOの作者が書いていたり、

img_1096

ろくでなしブルースの作者だったり。

最近の人で言うと、

img_1094

NARUTOの作者だったり、

img_1097

東京喰種の作者だったり。

img_1098

ブリーチの作者だったりと、

有名漫画家が表をを担当しています。

残念なのは、表紙だけだってところですが笑

中も書いてくれてたら、めちゃくちゃヒットした気がするんですけどね。

ちなみに、表紙の極めつけが、

img_1099

キングダム!

もはや、本編にしか見えない表紙(笑

表紙は、呂不韋ではなく、徳川家康です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です