2016年度石川県高校入試倍率速報

学校名

学科名

募集定員

推薦合格者数

募集枠

出願者数

倍率

前年度

A

B

C (A-B)

D

D/C

確定倍率

大聖寺実業

電子機械

80

16

64

46

0.72

1.17

情報ビジネス

40

8

32

33

1.03

1.06

 小  計 

120

24

96

79

0.82

1.14

大 聖 寺

普   通

200

200

213

1.07

0.83

加  賀

総合学科

80

6

74

65

0.88

1.13

小松商業

商   業

200

40

160

169

1.06

1.21

小松工業

機   械

80

16

64

65

1.02

1.22

電   気

80

8

72

91

1.26

0.91

建   設

40

8

32

34

1.06

1.13

材料化学

40

5

35

47

1.34

1.19

 小  計 

240

37

203

237

1.17

1.09

小  松

普   通

280

280

387

1.36

1.23

理   数

40

40

0

普・理併願

49

 小  計 

320

320

436

1.36

1.23

小松明峰

普   通

280

280

314

1.12

1.2

小松市立

普   通

160

24

136

156

1.15

1.13

普通(芸術)

40

10

30

23

0.77

0.97

 小  計 

200

34

166

179

1.08

1.1

全県合計

8280

706

7574

8404

1.11

1.1

ということで、倍率の速報が出ました。

これを受けて、出願変更ができますので、

最終確定倍率が出るのは、来週となります。

加賀地区、注目すべきは、

小松高校の高倍率です。

1.36倍

これは、ギリギリで挑戦してる人にとっては、

かなり厳しい戦いになりそうな感じ。

しかし、塾生諸君は、今日授業で話したことを

忘れないように最後まで頑張りましょう。

後は、大聖寺高校が、1.07倍と

ついに、定員割れを脱出。

僕が予想していたよりも、やや多いくらいに躍進。

これで、今までよりも合格ラインが上がっていくと思います。

明峰は、やや減。

商業は、思ったよりも増えずに減小。

市立はほぼ横ばい

といった感じですね。

出願変更はどうなるのやら。

小松ギリギリの子は、倍率低目の明峰へ流れるのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です