石灰石と石灰水

  僕は5教科の授業をやっていて、

何でも知っているように見られることが多いが、

わからないこともたくさんある。

その中でも理科は得意な科目なのだが、

それでもまだ、知らないことがあるんだなぁと思った。  

今日、中3で取り組んでいる入試の練習問題の理科の中で、

石灰石を水に溶かすという問題があった。  

「ん? 石灰水って水に溶ける?」

まずは、そんな風に疑問に思った。  

あれ、石灰水ってのがあるけど、

石灰水を砕いて水に溶かしたら 石灰水になるのだろうか。  

最近は、インターネット一発ですぐに調べられるので便利。    

どうやら、石灰石は炭酸カルシウムで 石灰水は水酸化カルシウムらしい。

よって、石灰石と石灰水は別のもの。 砕いていれても、水には溶けない。

ちなみに、さらに調べると 石灰石(炭酸カルシウム)は

900℃くらいで加熱すると酸化カルシウムとなり、

それを水を加えると、水酸化カルシウムとなる。

それを水に溶かすと、石灰水になる。

なるほど。  

そして、石灰水に二酸化炭素を加えると白く濁るのは

理科業界では一般常識なわけですが、

石灰水(水酸化ナトリウム)に二酸化炭素を加えると

炭酸カルシウム、つまり、石灰石と同じ成分となり、

白く濁るそうです。  

なるほどなるほど。    

教科書や問題集ではさらっと流される理科のことも 調べてみると、

意外と面白いことはたくさんあるんだね。        

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です