中3高校入試10~11月にやるべき数学

Math

志学塾では、9月から土曜日を利用して、

中3の高校入試対策を実施している。

どんどん問題を解き、力をつけて行くコースだ。

毎年、これにより、大きく点数を上昇させることができる

生徒もいる。

さて、そんな中3の受験生だが、

この時期、数学は何を勉強するべきなのか。

それは

「二次関数」だ。

この地域の学校で、ちょうど今、2次関数を学習しているか、

終わったくらいだと思う。

塾の通常授業でも先日二次関数が終わった。

そんな2次関数だけど、

石川県の公立高校入試では必須項目だ。

毎年、関数は大問で1題出題される。

そのほとんどが、2次関数なのである。

もっと言えば、2次関数と、1次関数が絡んだ問題だ。

なので、2次関数を徹底的に練習してできるようにすることは、

石川県の数学で点数を取るうえで最短かつ必須なのである。

でも~、僕~、数学苦手だし~・・・・

とか、二次関数なんて習ったばっかりでぇ・・・

なんてことを思う、弱気な数学苦手くんもいると思う。

しかし、そんな数学が苦手なあなたにも

この関数分野はチャンスなのである。

なぜなら、(1)や(2)の問題は

基本的な問題や見たことがある問題が出題されることが多い。

逆に言うと、(3)は難しい事が多い。

(3)は数学が得意なこと、小松高校を受ける子以外は

無視してもいい。

(1)や(2)が解ければ十分だ。

そのために、今、この時期2次関数を練習しよう。

特に、2次関数と1次関数が混ざった問題を

練習するのがベストだ。

数学(関数)が苦手な子は、

1次関数から学習してもいい。

1次関数→2次関数→混ざったやつ

こんな感じで進めれば、

(2)までは必ずできるようになる。

さあ、次の総合模試まではあと1週間。

確認テストまではあと3週間ほど。

それまでに2次関数をマスターしようぜ。

ということで、明日の土曜特訓から、

2次関数特訓に入りますというお知らせでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です