結果を変えたければ・・・・

結果を変えたければ、自分を変えるしかない。

大人で言うなら、

会社が悪いから…

社会が悪いから…

景気が悪いから…

と、何かうまくいかないことを、

自分以外のことに理由づけして

ただ、愚痴を言っていても何も変わらない。

社会や会社は自分のために変わってくれるわけじゃないし、

景気は、自分のためだけによくなってくれるわけじゃない。

自分が望んだ結果が出せない時に、

自分以外のところに理由を見つければ、

自分の責任じゃなく、他のことの責任になり、

自分の心は楽になるかもしれない。

でも、そうやって考えても、うまくいかなかった結果が変わるわけじゃない。

もし、望んだ結果を出したいと願うならば、

まずは自分が変わるしかないと思う。

勉強で考えても同じ。

部活があって勉強できない、

行事があって勉強できない

テストの問題が難しすぎる

苦手な単元が多い、

テスト範囲が広すぎる

などなど、自分以外のところに

うまくいかない理由を考えることは簡単だけど、

そんな理由を見つけたとしても、

結局、いい結果が出せるわけじゃない。

悪い結果の言い訳が増えるだけ。

もし、いい結果を望むなら、

そんな自分ではどうにもならない周りの状況よりも、

まずは、自分ができることから変えればいい。

どうすればいいか、

簡単なこと。

自分が、全力で、勉強に取り組めばいい。

それは、だれでも、いつでも、

変えることができることだよね。

周りに文句を言うよりも、

まずは、自分の行動を

今この瞬間から変えればいい。

いい結果を望むなら、まずは自分が変わること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です